Randy Rhoads:rare live footage

コアなランディ・ファンの間でちょっと知られつつあるみたいですが…



動画の権利関係などよくわからないものの、たった数十秒のムービーでもランディの生き生きとしたフレーズが楽しめると思います。

主なソースはこちら

なお、おなじようつべアカウントでランディの他のライブ映像も楽しめます。

そういえばね、えこぴィいね、FBのどこかにQR関係の投稿をしてね、ランディの元GFさんのジョディさんにいいね!もらっちゃったんですよ♪ 直接の交流はないのですが、なんだか嬉しかったです♪ ハイ♪ ジョディさんいまもおきれいですね、ちょっぴりふっくらされましたけど♪♪♪


あ、で、エイドリアンですか???いやあ新しい情報はないです。たぶん…えこぴィいのまったくの想像ですが、ヨーロッパ公演の日程はほぼ決まってるんじゃないでしょうか。。。英国には絶対行くよ的発言がチラ見えましたし。。。日本は日程どうでしょうねぇ。。。懸案の北米ツアーもうーん、実現するかどうか、、、というわけで手持ちの新情報はゼロです。発表が遅れている裏には何か事情があるのでしょう。。。では〜

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Vandenberg's MoonKings: studio working ほぼ終了

メモ書き程度の更新です。

エイドリアンがスタジオでできることは13日にほぼ終了したもようです。ギリギリにソロ取り直しとか細部まで神経行き届かせていそうですね。気づいているファンの方々も少なくないと思いますが、レコーディング終盤の数週間はスタジオに篭って修道士みたいな生活だったよ、と言いつつ昼からワインを嗜んだりちょいエロツイート(たとえば両義的ジョークでサーカズムの一種、インテリの英国的お遊びの一環と思われますので、そういうのに不慣れな日本人ファンも笑ってあげましょう)を飛ばしたりのエイドリアンでした。

母の日には昨年度に撮りためておいたものではと思われる、すてきなママとのすてきなツーショットをFBとツイッターの両方に投稿していましたね。

で、本日のFB投稿は2本(で終わるのかしら?)、一方はシリアス、もう一方も不まじめと言うほどでないギタリスト向けの内容でした。

エイドリアンが今回のアルバムに用いたギターはたぶん 80年製の Les Paul Heritage 80 standard が中心で、59' の vintage あるいはピカピカきれいなギターなので50周年記念1959リイシューモデルかもの Les Paul もある程度使って、 もしかしたら 80 eliteも少し使ってるかもで、あとすこしだけ strat を使ったとのことですので、えーとつまり Peavey Adrian Vandenberg モデルのことでしょうか、、、それも、ということのようでした。

あそうそう、アンプは11台使ったもようです。メインはMarshallのvintageもの3台のようですが。。。

といったところです。またしばらく更新できないとおもいますが、どうぞご贔屓に。。。では〜


追記しましたよ〜〜〜

続きを読む»

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

お詫び

えこぴィいの個人事情により当ブログの更新が進んでおりません。この投稿は更新が滞ると表示される広告を回避するためのものです。数少ない読者のみなさま、まことにすみません。更新の方はもうしばらくお待ち下さいませ。なお、Adrian Vandenberg ファンのみなさまは、エイドリアンのFBTwitterをどしどしフォロー・閲覧なさってくださいまし。レコーディング終盤を迎えたもようでちょこちょこ写真などをファン向けにアップしてくれています。

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

Adrian Vandenberg:Twitter 復活(加筆)

3年とちょっとぶりに復活しました。昨夜からお試しツイートがあって、今日はエイドリアンがFBで復活宣言をしていました。

https://twitter.com/adriandenberg

↑がエイドリアンのアカウントになりますので、どしどしフォローしましょ^^エイドリアン個人名のFBアカウントでのアップデートのお知らせが中心になるのか、そうでもないのか、いまのところ読めませんが、告知情報はもれなくゲットしたいですよね、、、

それから、ムーンキングズのUSツアーが現実味を帯びてきたかもしれません。。。どうもそういう空気を感じます。はっきりした情報は1ヶ月かそこら先に出てくる見通しですので、あー待ち遠しい、、、、

どうやらツイッターオンリーの投稿も期待できそうですね^^ツアーの相談して帰ってきたところだよっていうツイートを写真付きでエイドリアン、アップしてました〜でも、エイドリアンが息切れしませんように〜〜〜とも祈りたいところです ^^;;;

以上速報でしたぁ

テーマ:男性アーティスト - ジャンル:音楽

Stev Perry:ニュー・アルバムについて

やっと新情報出ましたねー。スティーブがABCラジオに語ったところによると、リリースは今年の終わり頃の予定だそうです、はい。

で、以前にもいくらか聞こえていたようなトピックとして、スティーブは4年前に乳がんで恋人を失った悲しい経験に触発されて今回のアルバムを作っているとのことですが、何曲かは彼女と出会う前に書き始めていたそうです。基本的には、その悲しい経験にまつわるスティーブ自身のさまざまな感情を表現するためにアルバムを作っている、そうすることで自分の精神状態が浄化され癒やされていくのだ、ということのようですね。。。後々まで歌い継がれるようなよい音楽になるようにほんとうに頑張ってきたよ、という意味のことを語っているように思われます、、、はい。。。

以上、ソースはこちら

テーマ:男性アーティスト - ジャンル:音楽

Steve Perry:予想通り

まあね、タイトル通りだったんですよね、ロックの殿堂入り。。。セレモニーには出席、スピーチも。ステージはアーネルに。バックステージ・パーティも欠席。何をか言わんや。

でも、アーネルの長年の夢がかなったらしくすばらしいハグの写真がアーネルのインスタにあがってましたよ♪ここ あああ、うるうるきそうです。。。体格差のせいで叔父さんと甥っ子のようにも見えてしまうのですががが。

セレモニーでのスピーチのようすがもうようつべに (^^) オーディエンスによる録画ですけど。


英語のヒヤリングができなくても大丈夫、ちゃんと全文がこちらに(はやっ)

スティーブのスピーチは時間もたっぷり、感謝の気持ちあふれる内容ですね。かつてのバンドメイトに、現在のリードシンガーアーネルのことも“愛してるよ”と、ジャーニー加入へと導いてくれた恩人に、音楽仲間の旧友に、家族に、レーベルに、バンドメイトの家族に、ファンに、、、愛がいっぱいのスピーチです。カンペに目をやりつつ、ときどき表情がクシャッとなっていたのも印象的でしたね。リードシンガーだった人そのもののステージアクションながら、スティーブらしい繊細さも垣間見える、、、いいスピーチだったと思います。

といったところです〜〜〜詳しくなくてごめんなさい。では〜〜〜

追記アリ♪

続きを読む»

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

Paul Gilbert:Vandenbergのカバー

今月の2日にポールがどこかのギター教室で講師を務めた際、ヴァンデンバーグの Burning Heart をカバーして生徒に聞かせたそうで、そのようすを収めた動画がようつべに上がっていました。エイドリアンのファンらしき人がFBページでエイドリアンに動画の存在を知らせようとしていたので、えこぴィい気がつきました^^♪ ありがとうございます、見知らぬ人さま♪



メイン・ボーカルの部分とギターパートの部分を中心にポールがギターを奏でています。ほんのわずかにポール好み?の(いや正確にはマーティン好みの)小節様の装飾音符が聞こえましたが、おおむね楽曲本来の持ち味というか世界観を再現しているように感じました。レコーディングやバリバリのコンサートのための演奏ではなく、綿密に計算しつくされたカバーではないし、いわゆる純粋なコピーでもありません。ポールが生徒さんたちに何を一番伝えようとしていたのかは、えこぴィい、読み取れませんが、あの速弾きポールがエイドリアンのゆったりめバラードをチョイスするなんて、もうなんてナイスなの!ぐっしんぐ(Good Thing)!というのがえこぴィいのとりあえずの感想です。

では〜

追記しました!エイドリアンのコメントです♪

続きを読む»

テーマ:男性アーティスト - ジャンル:音楽

David Coverdale:snapchat

つい最近、愛娘さんが3人目のお子さんを出産され、初めての男の子のお孫さんができたDCですが、笑いが止まらない嬉しくて嬉しくて、が乗じたのか、変顔写真だけでなく、変顔動画まで投稿しています。

昨日はこんなのを…

みんな、素晴らしい1週間を過ごしてくれ、俺もそうするよ :)

と語っているみたいですね。
えこぴィい、ほんっと英語の聞き取りだめなんですが、こう聞こえました。
Have a fabulous week, boys and girls! I'm going to (do so), too!
いやいやそれ違うでしょって場合は、ぜひぜひご遠慮なくおしえてください!

では〜

続きを読む»

テーマ:男性アーティスト - ジャンル:音楽

Steve Perry:ロックの殿堂入りセレモニー出席

待ってました〜〜〜〜〜のニュースです♪ スティーブから出席するとの申し出がバンド側(ジャーニー)に届いたとジョナサンが語ったとのことです!!!!! 授賞式がすんだらスティーブはすぐに会場をあとにするだろうから、とのことですので、スティーブがジャーニーといっしょにステージで歌う可能性は極めて低そうですが、万が一があればいいなぁ、、、なくてもでもまあ、新譜のことも伝わってこない今、出席だけでもすんごいことですよねっ

ソースはこちら

以上、エイプリルフールではない確かなニュースであることを祈りまして… ^^;;;

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

Steve Perry:ロックの殿堂博物館に寄贈

スティーブはロックの殿堂入に際してロックの殿堂博物館に、1981年のエスケープ・ツアーで着用した黒いタキシード・ジャケットとマイク(Nady wireless microphone with receiver)1セットを寄贈したそうです。 明日(現地時刻3月31日)から始まるロックの殿堂入り2017展(The 2017 Inductees Exhibit)に展示されるもようですね。

ソースはFan AsylumのFBページです。

Fan AsylumからもビンテージもののジャーニーのTシャツやオフィシャルプレス用の写真、ツアープログラム、雑誌やギターピックなどを寄贈したとのこと。

以上、超速報でした(今これを書き終わった時点で発表からまだ30分経ってません!)

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

最新コメント
最新記事
プロフィール

Echopii

Author:Echopii
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード