FC2ブログ

Vandenberg's MoonKings:ニューアルバムのデジタル版予約注文始まる

0 Comments
Echopii
エイドリアンのSNSチェキしている人には何を今更かであろうと思いますが念のため ^^;;; 10月12日、ニューアルバムのRugged And Unplugged 収録バージョンの Berning Heart のデジタル配信とアルバムのデジタル版予約注文が一斉に始まりました。



ご参考までに...


んで、Amazon.co.jp(¥1,400 予約注文、価格保証、発売予定日: 2018/11/1)でも iTune ジャパン(¥1,500 予約注文:2018/11/2日リリース予定)でも予約できますので、、、価格が異なるのはですね、密林の場合サーバが米国にあるので税金ががが、とかなんとか、聞いた覚えがあるのですが、うろ覚えです、はい、ごめんなさい ^^;;;

それで、、、この Rugged and Unplugged のジャパニーズ・エディション発売の予定があるかどうかなんですが、エイドリアンに尋ねたところ数日前に、わからない、とのお返事がきて現時点では白紙の模様です。あくまでえこぴィいの想像ですが、たとえば来日が実現したら来日記念セットとか出るかも??? えこぴィいなんとも断言できませぬ...です、はい、ごめんなさい。。。

さてと、、、そろそろムーンキングスがロッテルダムで本番を迎えるはず、、、Tightrope から始まるのでしょうか、アコースティックセットは演るとのこと。持ち時間が75分なのでやや短め? 写真や動画がどれくらい出てくるか、今からちょっと楽しみです♪

では〜〜〜

Steve Perry:全曲視聴OK!

0 Comments
Echopii
スティーブ・ペリーのニューアルバム Traces の全曲視聴が Spotify だけでなく、Facebook および YouTube で可能になっています! なんて太っ腹! いつまでの公開かわかりませんが、このチャンスをお見逃しなく ^^♪



FBの該当ビデオはここに貼ることができません。YouTube は今はいけているようですが、、、視聴はお早めに ^^♪ ですねっ

では〜〜〜

Adrian Vandenberg:レコーディング風景

0 Comments
Echopii
エイドリアンとムーンキングスのファンならチェキ済みかと思いますが、本日(10月6日)の御大のご投稿写真が気に入ったので、本ブログにもシェアしちゃいます。11月にリリースされる予定の Rugged And Unplugged のレコーディングは、プレスリリースより、エイドリアンのホームスタジオとヤン氏の農場で行われたとのことでしたよね。

で、お写真はヤンさんの農場だとのこと。ヤンさんは農場を二つ経営していて、一方は養鶏場のはずなので、レコーディングは養鶏場でない方じゃないかなぁと想像しています。Mac のノートPCを使いながらエイドリアンがお気に入りのマーティンのギターを弾いているようですね。ヤンさんは目を閉じてヘッドフォンで注意深く音を聞いているように見えます。たぶん、エイドリアンがプライベート・スピルバーグ監督と呼んでいるカメラマンの人が撮影に入っていた時(おそらく9月24日)の一コマではないかと...えこぴィいは想像しています。映像が秋のドキュメンタリー番組で使われるのか、ミュージックビデオになるのか、むむむ。。。です ^^;;;





そうそう、FBで見かけましたが、エイドリアンが Steve Perry の音楽シーンへの復帰について「すばらしいことだ」と述べていましたよ。御大も復帰した身ですもん、共感できることがありそうですよね。エイドリアンはもともとスティーブは「すばらしい歌手だ」と高く評価してましたし。また、ジャーニーのアーネル・ピネダ氏を小馬鹿にする態度のツイートに対して、御大がそうとう反発を感じたらしいようすを見かけたことがあります。エイドリアンは自分の最高の好みでなくても、評価すべきものはちゃんと評価している、そういう印象ですね ^^ ファンとして嬉しいです、はい〜〜〜

ということでこれにて〜〜〜


あ、ついでに、ちょいと触発されたので2年前の御大とヤン氏のお写真を一枚ずつ埋め込んでおきますね〜♪

20160903-untitled-173.jpg

20160903-untitled-172.jpg

埋め込みと各種SNSにシェアをさせてくれるところがぼちぼち増えてホントありがたいです。著作権・知的所有権を侵害されないための苦肉の方策というのはわかっていますが、やっぱりありがたい ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ です♪ よい子のファンのみなさんはダウンロードしたお写真は自分だけで楽しんでおきましょう、リポストしないように気をつけませうね♪ flickr ならフォトグラファーによっては「Share Embed BBCode」させてくれるので、そちらを利用しませう♪

Steve Perry:Traces、Spotifyで配信スタート

0 Comments
Echopii


さっそく聴いています♪ ゆったりと聴かせるナンバー中心かな、、、リズミカルなタイプであってもスティーブの歌い方は余裕を感じさせてくれます。で、年齢的にも立場的にもそれが自然な気がします。随所にスティーブらしいセンスのコーラスも散りばめられています。スティーブのファン、スティーブ時代のジャーニーのファンなら聴くべし!アルバムでしょうね。

実を言うとえこぴィい、このアルバム予約していません。。。今月は WS の Unzipped が届く予定があったりで物入りなのです ^^;;; 当面は Spotify で楽しませていただきます♪

ということで、本日は以上です〜〜〜

Vandenberg's MoonKings:新譜アコースティック・アルバム入手経路

0 Comments
Echopii
42170120_1033201150193097_5099206261547728896_n.jpg

本件につき、えこぴィいはマスコット・レーベル・グループのウェブショップで予約注文しました。エイドリアンとヤンさんのサイン入りCDがゲットできますしね。LPが欲しいという人にもおすすめです。

で、マスコット社は EU 圏内(ロッテルダム・ロンドンが拠点)では11月2日発売、その他(主にUS)は11月23日発売としているようです。ヴァンデンバーグズ・ムーキングスのバンドサイトにもそう書いてありますよね。

実は国によっては iTune でも予約を受け付けているようなのです。たとえばオーストラリア在住のファンの人によると、現時点での選択肢はマスコットのウェブショップに注文するか、ご当地 iTune でダウンロードするかなのだそう。日本の iTune では見かけませんよね。。。

日本人はダウンロードよりブツが好きな傾向があるなんてよく言われてまして、それと関係しているのかどうかわかりませんが、マスコットのウェブショップが苦手な人でもムーンキングスの新譜を購入しやすい環境が整ってきましたよね。

まずマスコット(EU)経由らしく11月3日発売で HMV&BOOKS online が輸入盤のCDを予約受付中です。お値段はちょっといいかも。

そして、Amazon Japan が、間にドイツの業社を入れている模様ですが、たぶんマスコット(US)経由または同等の輸入盤のCDを予約受付中で11月23日発売です。お値段 1,556 円といっちゃんお安そうです。

というわけで、日本のファンは、お値段や経路で購入先を選べる状況にあることをとりあえず喜びましょう!

では以上にて、みなさまよき1週間をお過ごしくださいませ〜〜〜

Vandenberg's MoonKings:アルバムプレオーダー始まりました!(追記+αあり)

0 Comments
Echopii
とりあえず速報だけです〜〜〜

ヴァンデンバーグズ・ムーンキングスのエイドリアンとヤンさんが中心になって制作したアンプラグドのアルバム、「Rugged and Unplugged」のプレオーダーがマスコット・レーベル社のオンラインショップで始まっています。サイン入りは250枚とエイドリアンがつぶやいているようですね。。。CDとヴィニルのそれぞれか両方合わせてかよくわかりませんが...。



ベネルクス3国(オランダ・ベルギー・ルクセンブルク)は11月2日に先行販売
残りが11月23日に発売

プレスリリースより収録曲は次の通り
1. What Doesn’t Kill You
2. Sailing Ships
3. Out Of Reach これのみベースとドラム、バイオリンが入るそうです。
4. One Step Behind
5. Burning Heart ネットで試聴できます。(ようつべはまだ限定公開らしいですでもご覧いただけます、本ブログではFBからどうぞ...)
6. Walk Away
7. Breathing
8. Sundown 新曲、夏の終わりのとある日の夕暮れ時、空がピンク色に染まって行く美しい景色の中で自然と生まれてきた曲、インストだそうです。



それとねぇ〜、20日朝にエイドリアンのテレフォン・ライブ・インタビューがラジオベロニカにて行われたそうで、動画が公開されてるんですけど、オールダッチ!全然わかりません。こちら

慌てて書いているので、あとで訂正入れるかもです ^^;;;

では〜〜〜



9/21 追記です〜〜〜 こちらのプロモお写真もどうぞ、ということで。。。


これもね。。。今回のプロモ写真はサングラス顔多めかもですね、俺たちは男だ、たくましく生きてきたんだ、これからもだ!という意思表明にも思えます。Rugged ですからね♪

で、リニューアル中のバンドサイトについて、かなり出来上がってきているもようですが、まだ完成ではなさそうです。気になる人はチェキしてみてください♪ 実りの秋のゴールドとレッドが今回のテーマカラーのようです。ちなみにここのバックグラウンド写真もサングラス顔ですよ ^^;;;

ついでにニューアルバムのアートワークはこちら♪ FBバンドサイトのプロフィールピク埋め込んでおきますね♪


ではみなさま、よき週末を♪

Vandenberg's MoonKings:近況(再改訂・追記)

0 Comments
Echopii
ヴァンデンバーグズ・ムーンキングスのプロモ写真をずっと撮り続けている Stefan Schipper 氏のFBにこんな記事が ^^♪ ... ということでご紹介していた記事ですが、他の Adrian & Jan のショットとともにSS氏が削除なさったようで、かわりに5枚のお写真がWeb公開されました。こちらをどうぞ♪ ということでしたが、最新の5枚は早々と削除されたもようです ^^;;; 昨年のすてきなショットはまだアップされていますので、そちらをお楽しみくださいませ〜〜〜 一瞬でも楽しませていただいたので、SS氏には感謝しますです〜〜〜

以下は削除された記事に添えられていた SS氏のお言葉 ^^
 …(こちらもSS氏に合わせて削除しました)…
たぶん公開されていたお写真よりさらにすてきなものがプロモ写真として使われるでしょうね(いやいや、一瞬の公開でしたので、あの中にも有力候補があったかも)、で、ムーンキングスの新しい活動の宣伝のためにバンバン使われるようになるはずです ^^♪

先週、エイドリアンが自身のFBタイムラインで「いいもの準備中で来週アナウンスが出るよ」と書き込んだものだから、一部で蜂の巣突っつく騒ぎになっていたのですが、Stefan 氏のこれと関係あるかしら? 今週公式のアナウンスはまだどこからも出ていません。

実はもう1枚 興味深い写真がFB公開されているのですが(こちらもすでに削除されています、第三者のダウンロードぶくみの再アップロード分も含めてです、SS氏の依頼によるのでしょう...)、そこでエイドリアンがゴールドに輝くリゾネーター・ギターを手にしています(先ほど紹介したWebpageで確認できます!ません^^;;;)。金属製らしくブルースでよく使われるタイプのようです。エイドリアンはムーンキングスのファーストアルバムの Out Of Reach でアコースティックギターの部分でリゾネーターを弾いたそうですが(マンドリンも使ったって話でしたっけ)...。いろいろ見比べてみると、エイドリアン、リゾネーターだけで3台以上持っていそうです。ギター愛半端ないですからねぇ。。。

で、ちょこちょこ聞くところによると、われらがムーンキングスはフォトグラファーにとってなかなか撮りがいのある夢の被写体なのだそうです。とくにステージ写真は撮る側でもかなり人気があるらしく ^^ 聴いてよし観てよしだそうで…遠くで応援しているファンとして嬉しいですね♪

ということで、公式アナウンスが待たれますね〜〜〜♪ 昨日からバンドサイトはメンテナンス中の表示になっていますし、気になります〜〜〜

最後に最近公開されたヴィデオを貼っておきますね。Burning Heart、昨年12月23日のデ・ボスアイル公演からのようです♪♪♪


では〜〜〜


追記:9月19日のエイドリアンのポストよりこちらを!SS氏の写真をもとに編集していそうです。ドローンを使ってるかもですし、合成部分があるかもしれません。背景はバンドサイトでも使われるかもしれませんね ^^

Vandenberg's MoonKings:アコースティック・ショー(追記を改訂しました)

0 Comments
Echopii
このツイートをみてえこぴィい唸ってます、TV番組の収録のような気がするのですが、よくわかりません。小雨の中、屋外で行われたコンサートのようです。エイドリアン、ヤンさん、セムくんの姿が見えます。マルトくんは写っていないようですが、軽いドラムセットが奥にあるような気もするので、曲によっては出番あったのかも。


万が一何か情報が得られたら、ここに加筆しますね。とはいえ、あまり期待しないでくださいませ〜〜〜
では〜〜〜


追記:Twitterをよく見ている人ならもうお分かりかと思いますが ... まずは該当するエイドリアンのツイートを直訳気味で紹介しますね。

これは今日の午後の、オランダのメディアバークで開催された、今から始まるシーズンに放送予定の番組を放送局がプレゼンするための一大イベントでのことだったんだ。僕らは彼らからアコースティックで数曲演奏するように依頼されたんだ。楽しかったよ。:)

ということは関係者のみのイベント…、と思ったのですが、よくよく調べてみると、一般のビジターを(たぶん)事前申し込みを通じて受け入れていたもようで、フード&ドリンクを提供するテントもいくつかあり、まさにフェスティバル! イベント名は NTR parade 2018 で、NTR はオランダの代表的な公共放送局のことですが、同国の公共放送を担う組織は近年何度か改組されてきたそうで、NTRはTV放送局ふたつとラジオ放送局ひとつを統合して創設され、今月1日で9年目を迎えたところだそうです。で、毎年9月上旬に、新シーズン(9〜12月ぐらいかしらん、実際に参加したという、あるブロガーさんの記事ではそのような印象を受けました…)に放送する(新)番組を分野別に分かれてプレゼンして…というのがこのイベントの趣旨のようでした。

で、例の写真ではマルトくんの姿が確認できないのですが、ヤンさんの後ろにちゃんといたのだそう。このイベントでのムーンキングスの役割は(おそらく若者向けの新番組収録用に設けられた変わった形の)建造物 De Siloknaller の手前に設けられた小さな赤いテントで数曲を演奏する、そういうことだったみたいですね。イベントのオープニングを飾ったのかもしれませんね。そして、ムーンキングス目当てで出かけたビジターはそもそもいなかったのではという気もします。それにしても、ムーンキングスのフルメンバーによるアコースティック・ショーも見聞してみたいものですよねぇ。。。

ちなみに会場の看板らしき...???


そしてちょっとだけ…

念のため、動画本ブログ貼り付けのご承諾いただきましたので追記の追記をしておきます ^^ えこぴィいの妄想では、このアコースティック・ショーのもようが、たとえばエイドリアンのドキュメンタリー番組にちらっと映るとか、ムーキングスのアコースティックアルバムが本当に出たらそのプロモーションでちょろっと使われるとか、あったらいいなぁ、いいなぁ、いいなぁ、、、です ^^

「おそらく」とか「たぶん」が多くてすみません。なんせソースがエイドリアンのツイート以外はオランダ語ばかりなので ^^;;;
では〜〜〜

Vandenberg’s MoonKings:ボーカル Janさんのご専門のお話

0 Comments
Echopii
Huntenpop Festival 2018 の素敵なお写真をまず… 各お写真をクリックすれば他のも楽しめるはず♪
H8Z_2203www-VDB-Moonkings

Huntenpop zaterdag Moonkingsedwinhunterfotografie_11

で、本題です。このツイートをお知らせするツイートがマイTLに流れてきまして…おお!


ヤンさんのファーマー姿のお写真はFBではちょこちょこ見かけているものの、Twitterでは非常に珍しく感じられまして ^^ ベルギーを本拠地とする家禽および豚の自動給餌・給水システムの製造販売会社 Roxell のツイートですね。見過ごしてきたはずですねぇ ^^;;;

エイドリアンの自宅から車で数時間のところに住むヤンさんは従業員も抱える大きな農場を2つ(以上)経営しているという話は、エイドリアンのインタビューで何度か読んできていて、ヤンさんの本職は農場経営で、ロック歌手としての活動はそもそもは趣味だったのを、その歌唱力と可能性に惚れ込んだエイドリアンがやいのやいの説得してヴァンデンバーグズ・ムーキングスに加入させた、ということでしたよね。

ツイートを直訳するとこんな感じですね。

ゼーウォルデのヤン・ホーフィング氏が自身の養鶏場でナチュラル・ビーク・スムージングを試験的に導入することにした。彼がくちばしトリートメントについて、この選択肢を使おうと決めたことは、ごく単純な常識の問題である …

養鶏の専門家に程遠いえこぴィいですので、あれですが、この会社のナチュラル・ビーク・スムージングという名称の自動給餌・給水システムを使うと、飼育中のブロイラーが餌や水を摂取している間に、くちばしも自然にトリミングされて、無駄に尖って長いくちばしにはならないので食べこぼしもなく、羽をつついて怪我をする危険性が低くなったり、羽毛屑も減るので、ブロイラーなどの鳥たちの飼育環境もよくなったり、その品質も均一化したり、よいことがたくさんある上に、現在普及している赤外線によるくちばしトリミング法では、飼育者の労働負担が大きかったり、鳥たちにストレスが加わったり、伝染病に弱かったり、死亡率も上がるなどのデメリットもあったけれど、それも解決するよ、コストも初期費用だけだよ、たとえ年配のめんどりでもより多く卵を産むよ、というよいことづくめのようです。(Roxell社のパンフ参照)

で、例のツイートのリンク先を開くと、Roxell 社の新製品ナチュラル・ビーク・スムージングを2年間試用したヤンさんの感想が並んでいます。本当に製品が良かったんでしょう、褒めちぎっているのが読めます。えこぴィい、全訳しましたが、家禽類飼育家向けの情報をこれ以上書くのもいまいちですので、詳しい話は省きますね。

そして、ヤンさんの経歴が紹介されています。

1984年に農場設立し、その15年後に最初の(ブロイラーの)飼育場を建設。にわとりの自然な振る舞いに適合してコントロールしやすいシステムを決めるために、飼育場の温度などのコンディションを微調整してにわとりをよく観察したとのこと。これをヤンさんはにわとりの言語を学ぶことだと語り、またシステムへの投資と呼んでいます。ヤンさんは観察し研究する技術者であり、そしてまさに起業家なんですね! で、2014年にはブロイラー飼育会社を買収したとのこと。ヤンさんは他にもいろいろと拡大し投資する計画を持っているそう。ヤンさんって実業家なんですよ! しかも研修生を受け入れるタイプの農場にしていきたいとのこと、仕事に対する学ぶ意欲とヤンさんと同等のビジネスへの情熱を持ちうる人を探し出して将来を担う農業経営者に育てたいということです、ヤンさんは教育家にもなろうとしているところなんです。わお〜〜〜

いやもう、えこぴィい、ヤンさんをもっと尊敬する気になりました。あ、で、ヤンさんの歌手活動を心配するファンが出て来たら困るんですが、これまでにたとえばボストンのツアーにIT企業の社長さんがギタリスト兼コーラス要員として参加したツアーもあったりしたので、ヤンさんもペース配分を工夫しながら続けてくれると思いますよ。

それと、きめ細かな微調整や観察、コントロール、そういったことが好きで向いているヤンさんだからこそ、あの歌唱力が確立されるのかも、そんなことも感じたえこぴィいでした。

ということでしたっ
では〜〜〜

Adrian Vandenberg:身長の値改訂!?

0 Comments
Echopii
最近またねぇ、エイドリアンの自称する身長の値が変わったんですよ〜〜〜。6フィート 6インチ、または 197 cmです^^。最近、健康診断でも受けたんじゃないかと思われます ^^。ライム病快癒から約1年たちましたからね。。。あるいはオランダの健康推進制度か何かの定期健康診断などがあるかもしれませんし。

かつて、インフルから肺炎を併発して治った後、しばらく 6フィート 7インチ(約2 m)を自称していたので、病院で測った値かなと想像していました。

で、それよりずっと前は 6フィート 8インチ(203 cm)と自称していました。

エイドリアンも 64歳、少しずつ縮んではいると思います。それでも高いですねーーー。で、先のエントリで紹介した TG 氏の現在の身長は 6フィート 8インチだそうです。ご自身からお聞きしました。なるほど〜〜〜 5 cm ほどの差ということになります。インチは四捨五入で語られていると思いますので、最大 7 cm ぐらいの差もあり得ます。例の写真から受ける印象ではもっと差があるように思えるかもしれませんが、エイドリアンはカメラを向けられるとついつい体を曲げてしまう習慣がついてしまっているらしいので...DCが小さく見えてしまわないように脚を開いたり曲げたりしてるかも...!?

といったところです♪

あ、記念に先日のDCのツイート貼っておきますね。スターカーズ・イン・トーキョーのDVD(Unofficial edition かな?)のスリーブに使われているお写真のようですが、エイドリアンによると、いつどこで撮ったのか、よくは覚えていないとのことです。DCとエイドリアンのお衣装は VH-1(ロンドン)のときと似ていますが(二人ともインのシャツが違うような...)、そしてギターはトーキョーのときと同じっぽいですよね。


VH-1の動画も貼っておきますね ^^♪


では〜〜〜