Quiet Riot:来日を実現させようキャンペーン

とっても熱心なファンの方が用意されたページです。えこぴィいの知人のお友達が宛先になっています。えこぴィいも署名しました。QRファンのみなさん、QRの元気の出るヘビメタロックをライブで聞きたい方、ぜひぜひご協力なさってあげてください!キャンペーンページの拡散もぜひ^^♪


では〜

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Monsters of Rock:ゲストはThin Lizzy

6月17日と18日にドイツで開催されるリッチー・ブラックモアズ・レインボーのコンサートのゲストのことね^^b マンフレッド・マンズ・アース・バンドと読むのかしら、ゲストは2バンドで計3バンドのコンサートになるらしい。今後増えていく可能性は十分あるけどね♪

それにしてもモンスターズ・オブ・ロックの名称は自由に使えるのね。。。もともとは Paul Loasby という名の辣腕音楽マネージャー兼プロモーターがイギリスのキャッスル・ドニントンで1980年から1996年まで毎年開催した、メタル中心のロック・フェスティバルの名称だったと思う。1983年からは国外ツアーもあったようだけど、どこまで Loasby が関わっていたのか、えこぴィいは知らない。イギリスで開催された2006年のモンスターズは一応復活の形を取っているが、責任者は Loasby でないような気がしている。

そして、開催地が南米中心に移ってからは、別のプロモーターが開催してきたんじゃないかと思ってる。少なくとも2013年以降は、1994年設立の Mercury Concerts というブラジルのプロモーターが開催を担ってきたはず。

で、今回はドイツの Shooter Promotions GmbH という名前のプロモーターが中心になっている。モンスターズ・オブ・ロックの舞台裏はなんだかごちゃごちゃしてきたのかしら。。。モンスターズ・オブ・ロックという名称といっしょに当初の精神というか形式というかそういうのを引き継いでるということかしらねぇ。まあ、最初に Loasby が商標権をとらなかった、あまりに有名なので後続プロモーターも商標権申請しづらく思った、その後も思い思いに使えてしまって今にいたる、のように想像しているが、えこぴィいにはよくワカラナイ。。。

それから、レインボーのコンサートは3本から増えていないもよう。リッチーはDVDを制作する意向だから、編集できる映像をたっぷり撮りたいだろうし、もう1、2本コンサートがあってもよさそうな気はする。どうなるかな、、、

それと、シン・リジーのドラマーはミッキー・ディー。ミッキーは今年と来年のシン・リジーのツアーに帯同することが決まってるそう、レミー亡き後の道を既に歩き出しているということ。フィルの方はソロアルバム作りに集中するみたい、体調のせいでレミーの追悼式にも駆け付けられなかったフィルだから、ツアーに出るような仕事よりスタジオでできることを優先したんだなと思う。

ソースはFBやらニュース記事やらいろいろあるので割愛。検索すればすいすい出てきそう。では〜

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Loud Park 15

先日ラインナップ第1弾が発表されましたね。
いまのところえこぴィいにとって魅力的なのは Royal Hunt ぐらいですねぇ。えこぴィいヘビィなヘヴィメタ好きではなく80年代ロックが好きでそこにヘヴィメタがあったからという人なので、そうなっちゃうんでしょうけど。
で、DC Cooper はやっぱりRHにぴったりなシンガーだなぁ、と思いますね。MBのとき、少し期待したのだけど、あーだめだ、MarkはIngwayといっしょにやってるほうが100倍いいって思いましたもんね。Johnはよかったけど、不運があったしね。
といったところ^^

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

LOUD PARK 15:10月10−11日開催

さいたまスーパーアリーナでとのこと。3ステージ使うそうな。各バンドの使用楽器の調整などはしやすくなるかも???誰が出るのかな〜ってまだ全然発表されていませんが、とりあえず専用サイトはこちら

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Kennedy Center Honors 2012 - Led Zeppelin

知ってる人も少なくないと思うけど、まあ、まずはこれを。



ダイジェスト版を誰かがアップしてくれているので、とりあえず感謝。
オバマ大統領がホストでイギリスのバンドのカバーコンサートをって
やっぱりジ・アメリカン^^ジミー御大もロバートもジョンジーも勿来賓。

で、13:50すぎにBONZOの息子ジェイソン登場、ハートの女性陣といっしょに
天国への階段プレイ。9.11後数年間放送禁止リストに載っていた曲の一つ。
さすがうまいね〜。おまけにオケやコーラス付きの豪華版。
アン、貫禄ありすぎの気もするけど^^;

で、Jasonの叩いてるドラムにもちょっと目を向けて…
これ、Quiet Riot のFrankie Banaliのコレクションの一つなんですよね。
実は事前にFrankieが、名誉なことにこのイベントにこのセットを貸し出す
ことになった、との説明付きで荷造り中の写真を自身のFBにアップしていたので。

というわけ。
では、稀少にして貴重な読者のみなさま、よいお年を♪


テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

Full Metal Cruise

いや~驚きました。
ドイツのメタルフェスの一つ、Wacken Open Air 主催イベントの一つのようですが、
2013年5月5-12日、メタル音楽を楽しみながら、
ハンブルグからイギリスのサザンプトン、フランスのル・アーヴル、
オランダのアムステルダムへのクルーズを、という企画だそうです。

このほど宣伝のためにアコースティック伴奏で歌うドロ・ペッシュの映像が
公開されました。

このリンクでとりあえずの記事をどうぞ。
動画はドイツ語なので、英語以上にわっかりませ~ん♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Rock of Ages:ムービー

ごちゃごちゃ言いませんって。
Tom、ほんっとキマってる!




秋には日本でも公開されるはず。
えーとー9月21日か。
日本での公式サイトはこちら
いまいちなサイトに見えちゃうけどえこぴィいには^^;

ってこと♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Rudy Sarzo & Steve Vai:久々のコラボ?

といっても、イベントだけどね。
数年前から Rudy が意欲的に取り組んでいる Rock'n'Roll Fantasy Camp に
ついに Steve Vai が次回の来年2月に参加するらしい。
場所はハリウッド。

ここに紹介されている。

ワークショップにジャムりにステージにレコーディングに…。
ロックを愛し、ロックを奏でることに情熱を傾ける人々が、
アマチュアも含めて一堂に会しスーパースターたちと合宿するのである。

子供パッケージもある。
メジャーデビューを目指す若い人だけでなく、
それ相応に人生のキャリアを積んできたロックは趣味という人々も
やってくるようだ。趣味といっても恐らくパートタイム・ミュージシャンの
域には達している人々のようだが。

何ならサイト内の動画や写真をチェックしてみるといい。

(どうも生涯学習を思い浮かべてしまうのだが ^^;;;

それにしても、毎回素晴らしいラインナップだ。
というわけ

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

Van Halen:今秋のオーストラリア往きはキャンセル

というか、VHが共同ヘッドライナーを務める予定だったフェスティバルそのものが、
先週、突然キャンセルされたということなのだ。

結構老舗の著名人、中堅の有名バンドも参加する予定だったのに。
アリス・クーパーとか、ヘルイェーとか。。。

なので、来年早々にVHがオーストラリア・ツアーに出るのではという噂。
はてさて。。。


キャンセルを知らせる Soundwave Revolution festival のHPはこちら
来年早々の噂のソースはここ

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Loud Park 10:神戸に行ってました

レポートというほどのものではありません。ただの感想文です。

TURISAS
終わりがけに会場に到着しました。
フィンランド系によくある、ちょっとだけメランコリックな
終わり方をしていたような。。。
結構盛り上がってたみたいですね。

LOUDNESS
えこぴィい的には間際に出演の決まった「おまけ」です。
有名な曲やってくれれば、と期待していたので、
Crazy Night でもう満足しちゃってました。
パフォーミングもよかったです。
老舗バンドはやっぱりライブの音質がいいですね。
アリーナは相当人が集まっているようでした。

ボーカル二井原氏のブログに写真がアップされています。

前日にもほんちゃんライブがあったそうなので、
よけい調子が上がっていたのかもしれません。

KUNI
サポートのメンツに期待して、
えこぴィいらしくなくステージのド前で聞きました。
おかげでフロアに降りて来た Mark のハイタッチをゲットできました
Mark ちょっと太め…おてても若干まるっこく。。。

Frankie のドラムセットが Pearl に戻っていてちょっと。。。
彼は Ludwig をこよなく愛しているはずなので。
今年はエンドース契約が切れているようですし、
といって、Pearl に本気で戻すとも思えず、
ラウパ専用に借りたのかもしれませんね。

えこぴィいは Chuck から遠い側にいたので、
遠目に拝むだけで終わりました。
たまには KUNI とポジションをチェンジしないかと、、、
叶いませんでした (>_<)

えこぴィいは KUNI のすぐ前で聞いていたにもかかわらず、
KUNI のギターがときどき聞こえなくなり???
機材の調子???

でも、Chuck の機材が不調のときは技術の人が
さっと飛んで来て修正していたし。。。

そうですね、結局、Bang Your Head が
一番オーディエンスに受けていた感じでした。
それなのに、ギターソロが全然聞こえてこない。。。

Mark の煽りに応え切れない、やばい感じにもなりました。やれやれ…

まあ、いいですよ、ハイ。80年代HR/HM アイドルを
間近に見ちゃったんですから、はは。

SPIRITUAL BEGGARS
若手は知らないし、マイスペなどで試聴していた限りでは
全然期待していなかったのですが、意外によかったです。
ライブの音質に少々期待が持てます。
なんか辛辣ですねって?
まあまあまあ。。。

ANGRA
マイスペ視聴の段階で期待していたにもかかわらず。。。
ライブの音質がどうも平板でノレナイ、、、
曲作りに工夫とセンスが随所に見られるものの、
音作りの方で機材に頼りすぎているのかもと思いました。

AVENGED SEVENFOLD
続いてこちらも音質平板。。。でも、全米 No.1だったとか…
ドラムはさすがに打ち込みが深くてよい感じでしたけど。
ドラマー氏は来年もこのバンドに帯同するという話でしたね。。。

MORTORHEAD
以前、好きくないとは書きましたが、本音ではかなり期待していました。
当たり、大当たりでした。
やはり大物老舗はライブがいい、ステージ運びは上手いし、
音は厚みがあって聞き堪えがあるし、終始いい感じでノレました。

OZZY OSBOURNE
わおーん! いっしょに吠えたかったりして、このために来たようなもの、
Ozzy という名の着ぐるみがステージを目一杯動き回る、みたいな観る楽しさと、
優秀なバンドメンバーによるノリノリプレイ、やったーという感じでした。

ギタリストもドラマーも弱冠30歳ですよね♪
いい線行ってるし、まだまだこれからの人たち、
Ozzy のバンドでぐんぐん育ってね♪

で、とにかくOzzy はエネルギッシュだし、おなじみのナンバーぞろいで、
年配者にはにこにこセットリストでした。
途中で何度もアリーナに降りたくなりましたが、
目に焼き付けるためにはむしろ移動しない方が有利かと、ふふふ。

パラノイドではアリーナ張りにぴょんぴょんしましたとも!
OZZY RULE!!!!!
大満足でした。

8バンドのみなさまは、サウンドチェックもろくにできないフェス出演
お疲れさまでしたってことですね♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

最新コメント
最新記事
プロフィール

Echopii

Author:Echopii
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード