Rick Sav の種明かし

ようつべ君のおかげでいろいろなヴィデオを見ることができます。ああフリーライダー。。。

1988年頃まではいろいろなバンドのステージでギタリストやベーシスト,果てはリードシンガーがキーボードを操っていましたが,1990年辺りから,そういうのがめっきり減ったような気がします。

off-stage のキーボーディストを雇うバンドもありそうですが,こんなのも増えていそうです。(Sav もかくいいですねぇ~♪)

こないだまでの Van Halen はどうだったんでしょうね。超オタクっぽい歌詞と短調の軽やかなキーボードが印象的な I'll Wait では誰がどうしていたのでしょう。off-stage のサポートメンバーがいたのでしょうか。それとも,Sav のような裏技を使っていたのでしょうか。諸説ありますが,えこぴィいは知りません。どなたかご存知の方いらっしゃいましたら是非是非教えて下さい。

因みにこの曲,1984年のツアーでは Eddie と Michael がキーボード演奏をシェアしていたみたいですね。

Don も Eddie ?

2003年の Don Airey のインタビューをざざっと読んでみました。ざくっとしか読んでいないので。。。

えこぴィいに印象深かったのは,まだ一緒に仕事をしたことが一度もなくて,一番一緒にやりたい相手は誰?と聞かれたDon が Eddie Van Halen の名を挙げて,「僕は Eddie の猛烈崇拝者なんだ」なんて言ってるところ。やっぱ鍵盤楽器の人は Eddie が好きで,Eddie のすごさが百倍分かるってことかな。えこぴィい,嬉しくなりました。

おしまい

Rudy Sarzo かっこいいよね!

Rudy がえこぴィいの頭にインプットされたのはアルバム Metal Health が売れに売れた頃です。Ozzy の時には完全スルー,うら若き乙女にとって Ozzy はおじさん過ぎました。。。

この頃の Rudy は…Rudy のリニューアルされた HP の通りなんだと思うけど,YouTube でこんなクリップが目につきました。

Quiet Riot と Whitesnake ,Ozzy のメガヒット曲からちょちょっとぴっくあっぷ。
Rudy を feature しつつ冗談っぽいところが面白いです。
にしても,Rudy 若いですね。周りのおじさん達(失礼!ミュージシャンさん達)とせいぜい3つとか6つとかしか変わんないのに,10~20際くらい若やいで見えます。

こっちもかくいいです。
あ,勿論 3D の demo は見られませんが,どんな様子か思い浮かべると…専門家の集まる会議で自作の demo を回しながら,堂々と解説する Rudy,うん,やっぱりかっこいいです。

今月の終わり頃は多分ここに注目かな? とはいえ,えこぴィい,英語のヒアリング全然自信ないです。。。なので,運良く聞けてもレポート不能です,ハイ,(はじっ)

Respect the Wind

疲れた時にはやっぱりこれです。
余計なことは今日は何も書きません。

Eddie Van Halen,Steve Morse,Randy Rhoads,…

えこぴィいが一番好きなロック・ギタリストは何を隠そうEVHです。この人のsoloは飽きないし,Dave Eraにみられた複雑な和音遣いやころころ変わる拍の取り方と転調はクラシックに聞こえないクラシックテイストで無茶惹かれました。

なので,昨秋からケベックのフェスティバルまでYoutube見倒しました。。。

次はSteve Morseかも。この人はジャンルにとらわれず何でも弾いちゃいますが。

3番目はRandy Rhoads。Crazy Trainのsoloはめちゃめちゃ好きです。
宝石箱を蹴散らかしながら白い階段を駆け上る美少年のような華やかさときらめきを感じます。

この3人の共通点はピアノが弾けること。
っていうのは後知恵なんだけど。

Eddieは弾けるなんてレベルじゃなくて,タッチも指づかいもペダリングも超イイです。
さすが子供時代にカレッジのピアノ教師からみっちりレッスンを受けただけのことはあります。
多分SMも相当弾くでしょう。ですよね?でもない?
Randy はどうかな,ピアノの腕前はプロのミュージシャンにはならなかったらしい兄貴Kelleの方が上かも???どこかにKelleがピアノを弾く動画があったのだけど,ファンサイトのどれかかな,みつからない。。。

この3人はクラシカルテイストを,モチーフやコード進行の借用といったような形ではなく,自分の中にいったん取り込んだクラシック音楽(だけじゃないけど)をギター向けにアレンジして紡ぎ出しているような,そういう印象です。

鍵盤楽器で弾くような順序の音の列を意地でもギターで再現する,これはEddieに顕著かもしれません。Ritchie Blackmoreならあくまでクラシックギターの延長の発想になっているはず,とギターの素人は思っています。

Yngwei MalmsteenやZakk Wyldeはうまいと思うけど今一番の好みではありません。
特にZakkは正確だけどやや金属的な印象。音がクリアすぎます。
Randyのような幅のある,マイルドなのにボリュームのある音の方が好きです。
雑音一歩手前のときでも音楽らしい芯のある音を出す…そういう点でRandyはえこぴィい的200点満点です。

もしこの人がもっと弾き続けていられたなら…そう,Jason Beckerは間違いなくOKです。
コンポーザーとしてのセンスはもっともっとぴかぴかきらきらしています。
この人もクラシック好きですよね,モーツアルトのピアノ・ソナタがあれ?ギターに入り込んでいたりします。

音に注目するならVito BrattaやNeal Schon,Phil Collenもいいです。

何となくいい感じのことが多いのは,Steve VaiやAdrian Vandenbergかもしれません。
Vaiはちょっとおふざけが過ぎることも多そうですが。Whitesnake時代のVaiは後にも先にもないほど甘くロマンチックな音色とセクシーでスマートな立ち居振る舞いをみせていたかも,そんな気がします。

もちろん大御所もいいんですけどね,Jimi Hendrix,そんなにいろいろは知らないけど動画サイトで見る在りし日の姿には,たくさんのファンの方々と同じように偉大なカリスマ性を感じます。どうでもいいのですが,思いっきりふりふりのブラウスはジミヘン調なんてファッション界で言うこともあるみたいです。

RitchieやJimmy Pageもまあ,いいと思っています。でも,ギタリストがというより,バンドがよかったという方がえこぴィい的には正しいです。

今時のえこぴィい注目株の1人はDoug Aldrichかもです。
何をやってもそつがないし,容姿もまずまず…えへっ
Randyほどエンジェルっぽくないけど,その分却って何を弾いても様になってますよね♪

とまあ勝手なことを書きました。
多分えこぴィいの好みはかなりはっきり表れていると思います。
PhilやDougの名前を出したということは,うふふ,今秋お楽しみの予定,勿論あります。

といったところで本日おしまいです。

ブログ始めます

さて,このブログには前身の日記があります。
でもまあ,どこから引っ越してきたなんてわざわざ書かないことにしますね。
えこぴィいにとって音楽は必需品です。

えこぴィいが一番好きな音楽のジャンルはクラシックです。
次に好きなのはHR,特にHMかな…
ということで,ここで主にHRについて書くことになると思います。

では宜しくです♪
最新コメント
最新記事
プロフィール

Echopii

Author:Echopii
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード