Whitesnake:Brian... お、おもしろい

今日は Whitesnake のニュードラマー、Brian Tichy 特集です。

まず比較的新しい映像から。先月25日、ハリウッド Key Club です。



Led Zeppelin のドラマー Bonzo (John Bonham) の没後30周年記念コンサートからの1コマです。19人の辣腕一流ドラマー達と、Bonzo の妹や子供達も勿論出演したイベントだったそうで、Brian は企画の段階から制作まで共同したそうです。Brian 超真面目!

次はおなじみスピードバッグドラマー Brian!




そして、踊るBrian。古巣の Foreigner がリハしています。後任ドラマー氏への引継でもしてたのかしらん。



ドラマー氏の方はド真剣、Brian のおふざけは全然目に入ってなかったかもですね。

お次は Brian の隠された才能、だそうで。。。



ひゃ~はははは、吹き抜けの階上から落とされた、ビールがなみなみと注がれたカップをお見事、Brain は両手で受け取っています。だから、プレイ中に何度もスティックを放り上げてはキャッチし、こともなげに演奏を続けちゃえるんですね。

本特集最後は、Brian のソロ、途中までセットを素手で叩きまくります。とびきり珍しいスキルでもないですが、おててが丈夫なのね。。。



いかがでしたか?
さすが、ブルースからポップ、ハード、グラム、パワー、Ozzy まで叩いて来たドラマーって感じです。Whitesnake でも派手にやってね、ぜひぜひ華麗に!

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

Frankie Banali in Kobe Oct 16th 2010




えとー、これ先日ラウパ神戸の Frankie Banali のドラミングです。
ようつべで拾いました。Pearl のセットなんで、、、
Mark、時々ちょっと苦しそうに聞こえちゃってるかもですね。
Chuck がちらちら、ぶんぶん唸りをあげながら... 姿が見えます。
KUNI氏はほんのちょっとだけ。この曲のKUNIはまずまずよかったんですけど、ハイ。
Frankie の記録用みたいなムービーですが、まあ、雰囲気は伝わって来ますよね。

ということで。。。



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

LOUD PARK 10:KUNI

どうも評判が。。。

Mark Slaughter のマイスペなどによると、
サポート陣3名は今月10日の日曜日頃に米国を出国、
少なくともリハーサルは事前の火曜日と水曜日の2日間東京で。

土曜日の神戸までもう2日間あった勘定。
その間、東京から神戸まで移動したり荷物をチェックしたり、
打ち合わせとかかな?

神戸での本番については先に書いた通り。
ここでギターソロが鳴るはず、というときに何も聞こえない、
もしくはカスカスの雑音みたいなのが微かに。。。

リズム隊はかっちりやってましたよ。
Frankie と Chuck は後の方のQR時代の経験から、
(Kevinにパフォーマンスの悪いときがあったらしい???)
怒った観客には慣れてると思うし、
(探せば、飛んで来たペットボトルをかわしながらプレイするChuckの映像が見つかるはず)
さすがに日本のオーディエンスはおとなしいから、
誰も怒っていなかったと思うし。

ただ、鳴るはずのギターソロが聞こえなくて、えこぴィい、
KUNIの方をぽかーんと見つめる瞬間ありました。
がんがってるMark に悪い、と一瞬で気を取り直しましたが。

Mark、埼玉でもオーディエンスサービスがんがんやってたみたいですね。
KUNIから観客の気をそらせたかったのかな。。。

楽器に何年もちゃんと向き合わずにいて、そこからの復活って大変だと思うけど。
昨年末に復帰したジョニー・ロッドはどんな感じかな。。。
10年以上音楽とは全然違う職業に就いてたらしいけど、
この人も信じられないくらい横幅が。。。ぷぷっ

とにもかくにも、KUNIというバンドではなく、
KUNIというピンのギタリスト+3人のアメリカ人サポートミュージシャン
という組み合わせだったってことを知らない人には
あり得ないバンドに見えたかもしれません。

あり得ないバンドなんですよ。。。
この組み合わせのステージがまたあるという可能性も、、、
あまりないかもと。。。

Frankie も来月の誕生日が来れば59歳なんです。
Chuckは年齢不詳ですが、同世代でしょうね。
でもQR再々結成は確かなので、がんばってほしいところです。

といったところで。。。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Loud Park 10:神戸に行ってました

レポートというほどのものではありません。ただの感想文です。

TURISAS
終わりがけに会場に到着しました。
フィンランド系によくある、ちょっとだけメランコリックな
終わり方をしていたような。。。
結構盛り上がってたみたいですね。

LOUDNESS
えこぴィい的には間際に出演の決まった「おまけ」です。
有名な曲やってくれれば、と期待していたので、
Crazy Night でもう満足しちゃってました。
パフォーミングもよかったです。
老舗バンドはやっぱりライブの音質がいいですね。
アリーナは相当人が集まっているようでした。

ボーカル二井原氏のブログに写真がアップされています。

前日にもほんちゃんライブがあったそうなので、
よけい調子が上がっていたのかもしれません。

KUNI
サポートのメンツに期待して、
えこぴィいらしくなくステージのド前で聞きました。
おかげでフロアに降りて来た Mark のハイタッチをゲットできました
Mark ちょっと太め…おてても若干まるっこく。。。

Frankie のドラムセットが Pearl に戻っていてちょっと。。。
彼は Ludwig をこよなく愛しているはずなので。
今年はエンドース契約が切れているようですし、
といって、Pearl に本気で戻すとも思えず、
ラウパ専用に借りたのかもしれませんね。

えこぴィいは Chuck から遠い側にいたので、
遠目に拝むだけで終わりました。
たまには KUNI とポジションをチェンジしないかと、、、
叶いませんでした (>_<)

えこぴィいは KUNI のすぐ前で聞いていたにもかかわらず、
KUNI のギターがときどき聞こえなくなり???
機材の調子???

でも、Chuck の機材が不調のときは技術の人が
さっと飛んで来て修正していたし。。。

そうですね、結局、Bang Your Head が
一番オーディエンスに受けていた感じでした。
それなのに、ギターソロが全然聞こえてこない。。。

Mark の煽りに応え切れない、やばい感じにもなりました。やれやれ…

まあ、いいですよ、ハイ。80年代HR/HM アイドルを
間近に見ちゃったんですから、はは。

SPIRITUAL BEGGARS
若手は知らないし、マイスペなどで試聴していた限りでは
全然期待していなかったのですが、意外によかったです。
ライブの音質に少々期待が持てます。
なんか辛辣ですねって?
まあまあまあ。。。

ANGRA
マイスペ視聴の段階で期待していたにもかかわらず。。。
ライブの音質がどうも平板でノレナイ、、、
曲作りに工夫とセンスが随所に見られるものの、
音作りの方で機材に頼りすぎているのかもと思いました。

AVENGED SEVENFOLD
続いてこちらも音質平板。。。でも、全米 No.1だったとか…
ドラムはさすがに打ち込みが深くてよい感じでしたけど。
ドラマー氏は来年もこのバンドに帯同するという話でしたね。。。

MORTORHEAD
以前、好きくないとは書きましたが、本音ではかなり期待していました。
当たり、大当たりでした。
やはり大物老舗はライブがいい、ステージ運びは上手いし、
音は厚みがあって聞き堪えがあるし、終始いい感じでノレました。

OZZY OSBOURNE
わおーん! いっしょに吠えたかったりして、このために来たようなもの、
Ozzy という名の着ぐるみがステージを目一杯動き回る、みたいな観る楽しさと、
優秀なバンドメンバーによるノリノリプレイ、やったーという感じでした。

ギタリストもドラマーも弱冠30歳ですよね♪
いい線行ってるし、まだまだこれからの人たち、
Ozzy のバンドでぐんぐん育ってね♪

で、とにかくOzzy はエネルギッシュだし、おなじみのナンバーぞろいで、
年配者にはにこにこセットリストでした。
途中で何度もアリーナに降りたくなりましたが、
目に焼き付けるためにはむしろ移動しない方が有利かと、ふふふ。

パラノイドではアリーナ張りにぴょんぴょんしましたとも!
OZZY RULE!!!!!
大満足でした。

8バンドのみなさまは、サウンドチェックもろくにできないフェス出演
お疲れさまでしたってことですね♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Jason Becker:もうすぐMovie

忘れないうちに

'Perpetual Burn: The Story of Jason Becker' from Jason Becker: Perpetual Burn on Vimeo.


I luv ya, Jason.

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

大物2名SNS退会

10月8日、結構大物っつーか、超有名バンドのメンバー2人がほぼ同時に某SNSを退会してしまった模様です。彼らの登録期間は一方が1年とちょっと、他方は1年未満。オフィシャルページやファンページのつもりはなく(と一方がSNSの仲間内で語っていました)、プライベートで気の合う仲間を見つけて楽しく過ごしたかったみたいです。実際に、楽しそうなこともいくつかありました。

でも、一部の熱血ファンが「成り済まし容疑」を突きつけたり、「ファンページへの転換」を要望したり、トラブルもときどき起きていたようです。2人はその後、名前も誕生日も居場所もその他プロフィールを偽りのものに書き換え、掲載写真も一部差し替え、ついにアカウントを削除してしまったようです。

確かに、有名人の成り済ましは少なくなさそうです。オフィシャルを謳っていない場合の見分け方としては、本人でなければ知り得ないような情報が載っていないかどうか、が最大ポイントでしょう。掲載写真にプライベートのものが混じっていたり、公表済の写真であっても本人でなければ書けないような説明がついていれば、まあまあ本物ではないかと。。。

有名人がプライベートな立場でSNSに参加するのは結構難しいのかなぁ、難しいんだろうなぁ、と思えるケースでした。

で、今回えこぴィいも、2人からのメッセージなどが彼らの退会と同時に消えてしまったので、ちょっぴり残念です。彼らとのチャネルもなくなったし、キャプチャーしとけばよかったぁとかとか。。。

あ、誰と誰かということは非公表ということにしますね。その方が彼らの意に沿うように思うので。

Steve Lee:Gotthard のシンガー急死

驚きました。スイスの人気バンド、国際的には中堅の実力派バンドのゴットハードのリードシンガーが、交通事故でつい先日亡くなったそうです。事故は10月5日、雨天のもと、アメリカでバイク仲間とツーリング中に起きたそうです。

走行中ではなく路肩にバイクを止めていたときに、スリップして来たトレーラーが止まっていた5台のバイクを巻き込み、うち1台が彼のハーレイ・ダビッドソンだったそうです。あっという間のことで、彼は避け切れなかったようです。

トレーラーの運転手は27歳の男性でした。そして、彼以外は無事だったそうですが。。。

もっと詳しい記事が何処かにあると思います。バンドのHPとか熱烈なファンページとか。

彼に落ち度がなかっただけに、ほんとに、ほんとに悲劇的です。。。

RIP Steve Lee.

Luke (Steve Lukather):ポーランドだより

おなじみ Luke ネタです。多分 Luke は今頃イタリアのはずですが、ポーランド滞在中に素敵なメッセージを受け取ったとのこと。

ついてるね、Eva という名のとっても魅力的な女性からのメッセージだったよ、神様、ありがとう、よかったよ、ああ、言っとくけどロマンスじゃないからね

な~んて言ってます。ハイ♪

えーとー、別途、医学的には至極健康だよ、とも述べています。です♪

Phil Collen:かっこいいもん

この人ほど、「カワイイ」から「はぁ~、かっこいい!」に変貌したギタリストはいないような気がしまっす。Girl 時代の Phil は band のコンセプトに合わせていたとはいえ、紅いルージュに女の子っぽいトップスと赤い中ヒールのパンプスが似合いすぎて、ぴよょ~ん♡ でした。

それが。。。

27年前からベジタリアン
23年前から断酒、ジョギングも始めたとのこと
15年ほど前から体を鍛えるのが完全日課に
彼のキックボクシング姿は型がキレイでとっても決まってますヨ

こうしてシャーツレス姿にほれぼれぇ♥のナイスガイが出来上がりました。

こちら、割と新しいインタビュー記事のはずです。
こっちは Helen とのウェディング姿が載っているブライダル・マガジン。エコがデーマの1つ???
最新コメント
最新記事
プロフィール

Echopii

Author:Echopii
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード