Whitesnake?

赤坂でのライブは刈谷と同じセットリストだったとのこと。
そりゃあ盛り上がったことでしょう。。。
でも、赤坂用の特別な演出はなかったということでも…かも。。。

ま、今年のツアーはさらにキーの下がっている曲もあったかと。
だから、すぐに何の曲かわからないというケースはたしかにありました。
ギターも下げちゃうし、イントロがどうしても暗く始まってしまう。。。

でも、メタルOK、HROK,ポップOK、ブルースOK、カントリーOKのリズム隊だし。
そもそもマイケルとブライアンTはオリジナルのメタルバンドBallを組んでるし。
BTはリード・ギター&ボーカルを張ることも。。。
MDは別途バンジョー片手に。。。ということも…

まあ、それはさておきDavid、60歳であの見栄え、セクシーさ、切れのある動き。。。
いかにロックスターでも、少数派でしょう。
ええ、勿論、例は挙げられます。あえて言いませんが。

多数派は、、、あえて言いません、これも。

えこぴィいはDavidにつき、当初はDeep Purple での歌いっぷりが
鮮烈すぎて(よすぎて)、WSはややスルーしていました。
WSのDavidだっていいじゃん!と思うようになったのは結構後からなのです。

なので、きゅんきゅんのWSファンよりお気楽に聴けているかも。
Davidの声や高さに対して、ね。

というわけ。
じゃ~

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

David Coverdale (Whitesnake):インタビュー

視た~ニコ生のインタビュー。
いやずっと視てたんだけどね。。。
なんとか記憶していることをパラパラ書きだしてみよう。


日本に来たら蕎麦やうどんを食べる、麺類に目がないんだ、
寿司もよく食べるけど、麺類は無効ではあまり美味しくないんだ、
日本で食べないと。。。

前作でWhitesnakeとしては最後のつもりだったとのこと。
(某有名誌で公表済みとはいえ。。。)

昨年から色々なプロジェクトに取り掛かっていたと。
新作を出さないのかと多くのレーベルから問い合わせがあり、
もっとも熱心だったのがイタリアのレーベル、フロンティアで、
ついにダグと1日(2日?)で一気に4曲書いた、で、新作出すよと決心したと。

で、グラミーにノミネートされたり高評価のアルバムが出来上がったと。
結果的によかったよ。

曲はイメージでは書かない。イメージは古くなったり、
恥ずかしいことになったり変化するから。

ネットについての質問も続いた。さすがニコニコだね。
ネットは偉大で魅惑的な装置だけど、ほんとうに必要なときだけ検索している、
忙しいということもあるし、パソコンの前に座っている時間はほんとうに短いんだ、
ネットに振り回されず、利用者の側にいたいし、利用者としてネットを活用している、
Whitesnake.comはファンと交流できる大切な場所だし、
1日に100人~20万人が訪問してくれる。。。

新聞はiPadで読んでるよ、メールは仕事をするうえで重要なツールだとか、
息子はマルチタスクだ、異様な光景だよとか。
(Lukeも上の2人の子供たちがマルチタスクで異様だとか言ってたよなぁ)

自分はもっと静かな時間も過ごしたいし、瞑想的に生活したい、、、

若々しさの秘訣? ないよ、毎日楽しく生活しているし、
ワインや酒など体にわるいこともまだ続けているけど、
羽目を外さないとか、健康のことは考えるようになったよ。

自分のことで手一杯、他の人、バンドのことは考えられないし、語らないとか。

古い曲でも値、若い人が知っていてくれる、、、

新しいメンバーを迎えるとワクワクする、みたいなことも。
マイケルやブライアンに古い曲を昔の通りにやってもらおうとは考えてないんだ。
何度も聞いて、曲のアレンジがわかったら、自分の曲のようにやってもらう、、、

世界を回るとき、自分を訪問先に合わせるようにしている、異文化を感じたい。。。
1976年の諸来日のときは日本で外国人はとても珍しかったけど、
年々訪問しやすくなっている。外国へ行くことはミュージシャンやエンターティナーの
特権ではなくなって、学生や普通に暮らしている人でも用意になってきている。
しかも、どこへ行ってもだんだん同じようになってきている、
でも、極東の日本は違う、格別だ、みたいなことを。

今回の来日では、まず、いつもと違うホテルに泊まっていて周りを散歩してみたら、
公園があって、全然どこにいるのかわからない、
また、長い髪を隠すように帽子をかぶってウロウロ歩くよ、とかとか。

来年はDef Leppardとまた何かコラボやると思うよとか。

チャリティースカーフにも話題は及んだし、
マイケルは日本に来るのが初めてなんだ、彼の表情をみるのが楽しい、
また日本に来れて嬉しいよ、60歳にもなると友人たちも大丈夫かと気になるし、
ずっと日本はよくしてくれているし感謝している、とかとか。。。

そうそう、60歳って僕らの子供の頃はすごく老人と思っていたんだけど、、、
60歳になってもなんでロックしてるんだろうと、思うことは時々あるんだよ…。。。


といったところ。
ではでは

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

Whitesnake:ついに

ついに刈谷で Burn を演奏したそうです。
羨ましいです、勿論。
地元のファンの方と、魂とお金をつぎ込んで刈谷まで付いて来た
ファンの方への最高のサービスですよね。
今回のWSはラウパから順番にセットリストを増やしていったという話。
最後は(厳密には赤坂がありますが、地方都市巡りとしての最後)
バーンで締めくくりだったとのこと。
また、赤坂が終わったらいろいろなニュースが飛んできそうです。
というわけで。。。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Whitesnake:あと2つ、何故って

なんだかさ~
Whitesnake の今回の Japan ツアーさ~
行き先に驚いてる人多そうなんだけどさ~
みんな覚えてないのかな~

2年ぐらい前だっけ?
多分、病気で David が途中でキャンセルしちゃった Leg のはじめにさ~
宣言してたじゃん。おおまかにはこんな感じ ↓

〈不況で大都会まで来れないファンの人達に音楽を届けたいから、
 地方都市中心にツアーする、それがミュージシャンの責務だ〉

で、その宣言後の初の Japan Tour だから、自分の言葉守ってんじゃん、
あ~ David 無茶かっこいい!

ま、Bon Jovi が音楽を離れたところで、また粋なことを始めたみたいだけど。

そう、成功したロックスターは義務と責務を負うジェントルマンとして
後々の人生を生きるようになるんだ、そうなんだ。
ね、そういうこと。

じゃ。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Whitesnake:続き

昨夜の続き。
今日の岡山がどんなんだったかは知らない。
きっと今日もとてもよいコンサートだったのだろうと想像する。

昨夜のDavidは前半、白いシャツ着用だった。
最近のトレードマークみたいなシャツ。
後半はダンガリーブルーのような色合いのシャツに着替えていた。
ダンガリーよりソフトな素材のシャツだったかもしれないが。

83年や88年のツアーTを着ているファンの人をときどきみかけた。
会場内は総立ちに近かった。

なんと、ステッキを持ちそろそろ歩く紳士のお客さんもいらした。
2008年のときも、素敵なスーツを着込んだロマンスグレーの紳士を
複数見かけたが、David のDeep Purple時代からのファンの人達なら、
かなりのご年配というのも大いにありうる。

グッズ販売には長蛇の列ができていた。
クリマンはUDOみたいな先行販売が好きじゃないのかな…
また、列の並ばせ方が、肝心なところでクリマンは下手だったという気も。

今回は9月のTOTOのコンサートと同じ会場だったので、
なんとなく比較してしまった。

それから、実はTOTOからまだ3週間しかたっていなかったから、
尼崎に到着したときにはTOTOのCAが脳内にカーンと響いてしまって、
我ながら困った。遊歩道を歩いているうちにBurnに変わったけれど、
それもWhitesnakeのオリジナル曲じゃないし。。。
我ながら苦笑いしながら会場まで歩いた。

そんなこんなで、昨夜は楽しい思いをしました。
まだ余韻あります。

ではでは

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Whitsnake:コンサートに行って来ました♪

待望のWhitesnake のコンサートに行ってきた。
お客さんはほぼ満席。少しだけ空いてたけどほんと少しだけ。
席そのものは売れていたのかも。
東京の予定が発表されていない時期にあちこちの分を買った人が、
今日のは席がいまいちだからって来ていない可能性あるし。

セットリストは、こんな感じ。

1. Best Years
2. Give Me All Your Love
3. Love Ain't No Stranger
4. Is This Love
5. Steal Your Heart Away
6. Forevermore
7. Guitar Duel
8. Love Will Set You Free
9. Drum Solo
10.The Deeper The Love
11.Fool For Your Loving
12.Here I Go Again

Encore
1. Soldier Of Fortune (アカペラ、つまり無伴奏)
2. Still Of The Night

聞くところによると、ラウパでは持ち時間を10分超過していたので、
今回の90分と大きな差はないらしい。
曲数としては「The Deeper The Love」と「Soldier Of Fortune」が
追加されただけとのこと。
プラグドの「The Deeper The Love」は生で聞いてみたかったからえこぴィい的には◎

楽器陣のソロは充実していたと思う。
昨年のラウパ経験では、ソロは総じて短め。多分、今年もそうだったろうと想像。

ギターソロとデュオは充実していたと思うし、結構面白かった。
2008年から大幅に進化してると思う。ダグもレブも。

「Forevermore」はいい歌だ。
アルバムで聞いていてもよかったけど、ライブもいい。
ダグのソロもありえないくらいよかった。
ダグのソロって今まで今ひとつだった気がするけど、
(悪いというほどじゃない、念のため、超のつくピッカピカではないという程度)
今回のアルバムではかなりいい線いってると思っていた。
で、今日のライブでわお!これがダグかってぐらいじんじん響いてきた。

楽しみにしていたドラムソロは、むちゃ楽しかった。
ようつべで見たForeigner時代のに比べて聴き応えありすぎ。
ブライアンは日本の太鼓テイストもかなり意識していたと思う。
ロックというより、かなり無国籍風打楽器のクラシックコンサートみたいな
構成だった気がする。
3人がかりで叩くような内容を一人でやってしまうのがドラムの良さ。
視覚的にも噂通り、素手でも箸でもナイフでも。さすがにナイフは投げなかった。

Davidは前列のファンとハイタッチ。
一方の花道まで出て行ってハイタッチ。
サービス満点。
(尼崎なんだけど)何度も「オオサカ、アリガトウ」コール。

Davidの声はよく出ていたほうだと思う。還暦なんだけど。
シャウトがガンガン利いてた。2008年より絶対いい。
高音などはコーラス隊にお任せの部分はあった。
ようつべなどで事前に確認済みだけどね。

それにしてもDavidは動きも切れがあって、2008年より若々しくよりセクシーだった。
思えば「Love Will Set You Free」のMVの中で
愛妻シンディがポールダンスを披露してるけど、
シンディーもすっかりおなか周りを絞って、
身体全体をすっかり引き締めてる感じだった。
顔は顔は顔はね、年輪感じさせたけど、でも、きれい。以前より美人。
(もっとも、David はとっても綺麗な女の子とヘアサロンで出会った、
 それがシンディだ、といつか語っていたから、
 若くて綺麗なお姉ちゃんだったんだと思う、かつて)
とにかく、夫婦で若返って元気いっぱい。良い感じ♪

コーラス隊の充実ぶりから Burn を少し期待していたのだが、今回もなかった。
声の負担が大きい可能性は否めないし、
震災と原発事故のあった日本にふさわしくないとの
判断がなされたかもしれない。バーン!ですもんねぇ。。。

アンコールも終わって、メンバーもステージから降りていったあと、
マイケルが戻ってきてステージから観客をパチリ♪
お決まりのベースのお仕事。またブログ書くのかな?

Whitesnake のハードロック路線はこれで終わりという噂もある。
観ておいてよかったと、後でまた思い出すのかな。か、な、、、

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

今年はね、参戦していないので

Loud Park 11 のことですよ。

Rudy Sarzo や Stryper の来日などで興味はたくさんあったけど、埼玉は結構遠いのです。仙台に用事を作ってががっと2泊3日ぐらいで遠征しようかと考えたことも。でも、仕事とのバッティングやその後始末などを考慮すると無理はできないということで。

ラウパを楽しんできた人のブログやツイッターをちょこちょこみて余韻だけ少しいただいています。動画も少し出ています。。。

Whitesnake は参戦しますよ~。うぅ、楽しみです。コーラス隊を充実させ、リズム隊を強靭化してきてますしね。

といったところで。



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Rudy Sarzo:ぎりぎりまでDio Dのコンサート

さっきRudyのツイート確認したよ。

米国は今頃朝か昼のところが多いと思うけど、Rudyによると
これからDio Dの今回のツアーの最終コンサートだそうだ。
その後、慌ただしく日本に向かって発つに違いない。
日本時間の水曜日にはAnimetal USAのお披露目だ。

えこぴィいはニコニコかUsで視聴しようと思ってる。
殺到すると視づらくなるだろうけどしょうがないね。

US版のサイトもできたそうだ。
日本版よりどこかおしゃれな感じ。

今日は特にリンクは貼らない。
ぐぐればすぐに出てくるから。

じゃあ。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

最新コメント
最新記事
プロフィール

Echopii

Author:Echopii
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード