Vandenberg's MoonKings:レコーディング中

バンドは今週の月曜日から3〜3.5日間スタジオに缶詰状態でベーシックトラック録りに専念した模様^^b エイドリアンがスタジオ内のドアなどに貼り付けたクレージーな文言の張り紙の写真を次々FBにアップしてくれるので、お腹よじれるよ、、、状態でして♪ほんっとクレージーでクレージーで引用は控えさせていただきます。。。

全曲とは明言していないもののベーシックトラックの録音はかなり進んだ模様。SemとMartが木・金と2日続けて本番を抱えているため、その前にできる限り進めたいと精力的に録音に励んだのでしょうね。それこそシャワーもトイレも後回しにするくらい。キリのよいところで部屋から飛び出しシュワッとどこぞに飛び込むリズム隊とか思い浮かべてしまいました^^v 場数を踏んてきたリズム隊のニュー・アルバムでの活躍にも勿論期待が…

で、いまのエイドリアンはリードギターやギターソロの調整とか、録音スタッフと何やらゴソゴソやってるか、あるいは、Janの本格録音に向かってるかもとか、うん、想像されてきます。スタジオには短くても数週間はこもることになるでしょうね。それとホームスタジオじゃないし、メンバーも多忙だからできるだけ短期間に抑えたいところかも。

そうそう、9月22日はDCのお誕生日でした。エイドリアンも個人的にお祝いしたよ、とのことです。どんなに忙しくったって大親友のことは忘れないってことですよね♪ ああ、うるわしの友愛の情〜

以上、お手軽すぎる記事なのでおまけを貼り付けておきますね^^えこぴィい多忙につき音声だけでまだじっくり見てないんです(;´д`)トホホ…

楽器(シンバル)メーカーさん?がお宝ビンテージものの8mm録画をぼちぼちようつべにアップされている模様???


追記と追記の追記もありますよ〜♪

続きを読む»

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Vandenberg's MoonKings:レーベルのこと

昨日の追記を改訂して新規に移行させました^^♪

ニュー・アルバムのレーベルは引き続きMascot Recordのようですね。Mascot Label GroupのFBページがムーンキングスのスタジオ入りを知らせる記事をシェアしていましたので。MLGはオランダに本拠地を置き、US市場とEU市場をカバーしていますが、日本市場は別になりますので、日本国内はまたビクターでしょうかねぇ、、、^^;;; 日本版の出る方がジャパン・ツアーも確実にあるかという見通しがたちやすくなりますので、、、歓迎すべきかと、、、日本版高いですけどね。。。(念のため、ニュー・アルバムのレーベルについては未確認情報としてお読みください)

で、イギリスがEUを離脱すると、MLGのような企業から見ておそらくイギリス市場をEU市場として一括りに扱えるかどうかの問題が出てくるかもしれないので、それも含めてEU離脱後の面倒が少なくなるようにイギリス(政府)に早く手を打っておいてほしいと願っている企業やアーティストやミュージシャン、パフォーマーは少なくないと思うのですが、どうなんでしょうね。。。

エイドリアンもイギリスのEU離脱に対して苛立ちを抑えられないようなポスティングをしていたことがありましたしね。苛立つ具体的な理由があったのではと推察されます。。。あれやこれやが誰も損しない円満な方向に進むことを祈るばかり、、、

では〜〜〜

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Vandenberg's MoonKings:レコーディング開始

発表ありましたからね^^速報がてら該当のバンドFBページにリンク張っておきます。ここ

落ち着いたヨーロッパ的な内装のスタジオですね^^近代臭さを極力減らしていそう。エイドリアンはどちらかといえばヴィンテージ好みの印象でしたし、お似合いな感じ。エイドリアンとSemそれぞれの愛器の奥にドラムセット。配置は昨日考えたとのこと。打ち込みでない、シンプルな生楽器で勝負してきそうですね。

ベーシックトラックはここ数日の間に録ってしまうのでは、と思います。22日23日にリズム隊が別バンドの本番を控えてますしね。そもそもエイドリアンのソロバンド的傾向の強いバンドですし、ジャムりながら曲作りするシーンは少なそうに思いますが、このスタジオで今まさにエイドリアンの理想の音と音楽が追求されつつある、ということですね。ワクワク〜♪

では〜

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Vandenberg's MoonKings:英文レビューより

さて、今回は Vandenberg’s MoonKings の City Rock 出演についての数少ない英語ソースからです♪

2年前のエイドリアンの音楽シーン復帰が衝撃だったことは周知の事実として、ボーカリストのJanがここでも褒めちぎられてますね^^♪ Chris Cornelを思い出させる、とのこと。他のレビューでもDioを思わせるとかDavid Cavadale に似ているとか、ヤンのシンガーとしての価値・株がどんどん上がっている模様。エイドリアンのコーチングの賜物の部分もであるでしょうね^^♪レビューによってはエイドリアンのギターが霞むなんて、すごいお言葉も…。あ、エイドリアンを褒めちぎるレビューだってありますよ、はい、ありますあります!

で、ヤンのボーカルとエイドリアンの美しいギターワークの組み合わせが印象的だった。ホワイトスネイクの名曲「Here I Go Again」とフリーの「Allright Now」が会場にこだまし、ヴァンデンバーグの「Burning Heart」も演奏され、2年前の衝撃がまたやってきたかのよう…といったことがここでも伝えられています。そう、ここでもVMKのオリジナル曲についての言及が…ないことはなかったのです、実は。

実は、すごく厳しいレビューのことばが…ここにはあったのです。ちょい意訳しますよ、彼らは古い名曲に頼ってないで、もっと自分たちの曲で勝負するように頑張るべきだ。うーん厳しい。新しい曲だって楽しいと思うのですが、耳の肥えたレビュアーにとっては物足りないということなんでしょうね。エイドリアンと素晴らしいシンガーのコンビネーションに対する並々ならぬ期待もこもっているのでしょう。

ちなみにオランダ語のレビューの事例としてはこれとかそれとか…

とりあえずはニュー・アルバムが楽しみ、今週にもスタジオ入りするはず。。。

ちなみにChris Cornelの歌を少し、ソロとSoundgarden時代から1曲ずつ




で、えこぴィいまたしばらく蟄居しそう、、、^^;;; 眠れないほど興奮するような事案が発生すれば更新するかもです。では〜

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

知ってるかな…?著作権・翻訳権・翻案権侵害とかとか

えこぴィいがね、英文記事を紹介するときに直訳を避ける理由は著作権等々の侵害に当たらないように配慮したいからです。原著者にOKもらえた場合は別ですが(ちなみに原著者以外に版権を持っている人や組織が絡むケースで頑張ったことないです〜)。著作権その他に詳しいページがあるのでリンクを張っておきますね。ここ

とはいえ、翻案権まで考えてるつもりでも200%大丈夫にできているかどうかは…実は、、、わかりません。自己判断って難しいです。だけど許可なく全文和訳してそのままアップロードするようなぽかはしていないはず。他の人も気をつけてほしいなと思うのですが、許可の有無を明記してなくて危ないなあというブログなどもいまだに見かけます。もし仲良しにそういう人がいたら注意してあげてくださいね。許可を得るか、アップロードする前に自分の言葉に変えちゃおってね^^。

そうそう、全文引用も避けています。引用元を明らかにして一部のみ引用する、ですね^^学校のレポートみたい?そうです。

たくさんのソースから自分でまとめました、という場合はまた別です、引用にあたりません、念のため^^♪

ということで楽しい記事でなくて (._.)

続きを読む»

えこぴィいよりお知らせ

というほどでもないのですが、当分の間、当ブログの更新頻度が劇的に下がる見通しです。数少ない読者のみなさま、どうぞ悪しからず気長にお待ちくださいましたらと思います。 M(_ _)M

Vandenberg's MoonKings:本年ラストショー終了

9月3日のCity Rock Fesへの出演をもってVMKの本年最後のライブが終わってしまいましたね。よほど魅力的なゲスト出演の話でもこなければ年内にライブはないでしょうね^^

ライブショットや映像はFBやインスタ、ツイッターなどでいくらかみつけることができます。セトリはよくわかりませんが、選曲のメインはファーストアルバムからで、ヴァンデンバーグから「Burning Heart」、ホワイトスネイクから「Judgement Days」と「Here I Go Again」、Freeのカヴァー「All Right Now」を披露したみたいですね。もしかしたら「Slide It In」も?

ようつべにはこれが…


これも…


これとか…


ライブをフルで視聴したければ、実は観られるサイトがあったようなんですが、信頼性がイマイチな気がしまして、えこぴィい手を出していません。そもそもエイドリアンやバンド、あるいはフェスの主催者からの宣伝は一切ないので、法的にもどうかなと思われます。どうしても観たい人は自己責任で、ということになるでしょうか。

エイドリアンの最新のFB記事には、クルーまたはファン・ショットから選んだと思われる最新のお写真が2枚掲載されています。エイドリアンもバンドメンバーもステージをとっても楽しんだ模様^^♪もちろんオーディエンスもね♪

エイドリアンは最新記事の中でサユカーブロートという、オランダのフリースラントが発祥の地と言われるシナモン風味のシュガーブレッドに言及していました。えこぴィいは本物を食したことないのですが、ダッチ風シュガーブレッドの名で売られているパンがあればそれに近いかと…。実は、細かい事情はよくわからないのですが、数日前にエイドリアンがある業界の人に「サユカーブロート持ってこいよ!」とコメントしていたんですね。お好みなんでしょうか^^♪ 少年時代にバクバク食べて横ではなく縦にすくすく伸びたとか???

また、やっとこれから2枚目のアルバムのレコーディングにとりかかるよ、だいたい2週間以内にスタジオ入りできると思う、と改めて書いていました。人生いろいろ起きるから思い通りには行かないけど、念じていればやりたいことはできる、みたいなことをジョン・レノンの言葉を引用しながら述べていました。

エイドリアンはFBの別のところでも(多分リアル)友人に向かって「人生は短く美しいんだ、自分を保ってろよ」みたいな声掛けをしていたのを見かけたことがあります。

62歳だもんね、エイドリアン。でも、当分の間はロックだぜ!のムード満点のエイドリアンだとも感じています。

で、気になるニュー・アルバムの音楽的方向性についてですが、今回の記事の中で明言はありませんでした。ファンからの質問も相変わらずのふざけた感じであっさりかわしてしまうという…^^;;; エイドリアンの公式FBページには自らの音楽ジャンルについて「Grooving, unpolished bluesrock based ROCK」と書いています。ファースト・アルバムについては発表時に、70年代ロックから現代までのいろんな要素が入り込んでいるロックだ、と説明していたと思います。

レコーディング中あるいはその後に何か情報が漏れてくるかどうかはわかりませんが、まずは来年のリリースまで待ちましょう、ということですね。

ということでしたっ \(^o^)/

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

David Lee Roth:ブログ開設?

あまりに仰天したので紹介します。紹介するだけです!

ついさっきデイヴの公式FBページに、強そうなわんこをなでるスキンヘッドらしきデイヴの写真が現れ、これが俺のブログだ… これがそう。う、ぱぱっとは読めない、なのでほとんど読んでません、スポーツに関するデイヴ流の哲学が込められてそうなんですが、、、中身紹介を期待された人、m(_ _)m ませ。

で、もうひとつ発見!デイヴの公式FBページに「BandPage」がいつまにか追加されていて、ほぼ Van Halen!最も新しいアルバムからおそらくデイヴの好きな曲を集めてきたのでは???

というわけで、俺は別にVH辞めてないぜ、みたいな意思表示なんでしょうか?とりあえず気になる人はデイヴの公式FBページヘGO!

というわけでうっかり超夜更かしぎみのえこぴィいでした。

テーマ:男性アーティスト - ジャンル:音楽

Vandenberg's MoonKings:last show in 2016

9月3日はエイドリアン率いるヴァンデンバーグズ・ムーンキングズが今年最後のライブを行う日です。オランダの麗しく歴史ある街レーワルデンで開催中のロックフェス CityRock 2日目の夕方17:50-18:40に登場する予定です。えこぴィいはひたすら他人さまがお撮りにになられたお写真と映像に期待するのみ… (*ノω・*)テヘ 

VMのプレイ後にはクイーンズライク(ジェフ・テイトが抜けた方ね)、マザーズ・ファイネストが続き、ユーライア・ヒープがトリです!

で、エイドリアンによると、ついにニュー・アルバムのレコーディングに入るよ、とのこと。この夏、SemとMartの予定がこみこみだったことは間違いなく、なんてったって8月27日はライブをふたつ掛け持ちしていたことがわかっていますからね(前日の26日にも出番があって…)。ふたりともこの2週間はVMに専念するのでしょうね。

SemとMartのふたりはMMより新しいバンドで音楽性もちょっと異なるStavastにも参加しているそうで、よけいに忙しいみたいですね。その上、単発的なプロジェクトにもいろいろ…できるだけたくさんの経験を積んで、より上を行くミュージシャンに育つといいな^^ですよね♪

ソースはバンドFBページを探してね♪ あ、ちなみにバンドの最新ツイートのリンクは切れてるみたいです、、、VMのツイッターアカウントはこちら

それから、ちょっと横にそれるけどSemの兄弟バンドThe Road Homeがこのほどデビューシングルを発表しました。Music Videoはこれです♪

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

Journey in Manila:リイシュー

北米ツアー中のジャーニーですが、「ライブ・イン・マニラ」のリイシュー(再発売)に併せて魅力的な動画が公開されましたね。ドラマーは当然の事ながら Dean Castronovo、2009年ですもんね。



昨年は周囲に迷惑かけすぎたディーンだと思いますが、今はしらふで健全で元気な模様。仕事にも徐々に復帰しているようです。手始めはジョナサン・ケインのソロプロジェクトへのゲスト参加でしたが、セッションの仕事が Wednesday 13 などぼちぼち…ということのようですね。ディーンはニールもよく気遣ってくれるとどこかで感謝の言葉を述べていたような記憶が…

今回のリイシューも売れれば売れるほどディーンの人生再出発を応援することになるんだなぁとも思いました。

ジャーニーのドラム、実はえこぴィい、Steve Smithが一番好きですが、ディーンの深さと重みのあるハード・ロックらしさも悪くは思っていません。Def LeppardのRick Allenの現在の奥さまのように素晴らしい新しい人生のパートナーがディーンにも現れるといいのだけど。

というわけで、簡単ですが今回はここまで^^

詳細はこの辺りとかその辺りあの辺りを、、、

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

最新コメント
最新記事
プロフィール

Echopii

Author:Echopii
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード