Vandenberg’s MoonKings:ツアー日程発表第一弾(ちょい加筆・修正)

出ましたね〜。昨夜の丑三つ時のごにょごにょ追記の追記でこそっとお知らせしたとおりになりました。とはいえ画像の通りダッチ・ツアーのみ。アルバムのリリースが数週間遅れることになったため、お披露目ライブの日程も9月下旬から11月に中旬にずれ込んだわけですが。。。あ、画像の転載は Loud Noise さんから許可いただいております ^^♪

mountings dutch tour dates 2017

で、エイドリアンのFB記事によると、ヨーロッパ・ツアーは現在ブッキング・エージェントが詰めているところだそうで、日本へは、日本人ファンの質問に答えて「できるだけ早く行きたいよ I hope sooner(一日でも早く、のニュアンスでしょうね… I hope I will go to Japan sooner before later)とのこと。USではバンドを招聘したいというプロモーターがあるようで、関係者らしい人がもうすぐ正式な招待状を送るからね〜とコメントしていました。冗談ではないと思います…冗談では…いや、わかりませんけど… ^^;;; 。オランダ国内も希望があればブッキング代行業者の Loud Noise にいますぐ連絡して、とエイドリアンがファンに答えていました。

早くステージに上ってみんなの笑顔を見たいよ〜〜〜などなどあいかわらずユーモアを交えたエイドリアン節満載の記事でしたが、オーディエンスにティーン・エイジャーのお子さん連れ歓迎という記述もありました。生のロックショーに参加することでほんとうのリアルな音楽のあり方や健全な楽しみを覚えてほしい、それはよい教育になるし、よい教育のとても大切な部分なんだ、そんなエイドリアンの願いがこもっているように思いました。そして、いまどきのこどもたちに、人工知能にまみれていきそうな現代および近未来の社会で経済的に成功しても、音楽はコンピュータでマニアかオタクが作るようなものだと考え音楽の価値や体験を低く見積もるような大人になってほしくない、というようなお話が続きました。また、昨今のテロ事件の当事者にみずから進んでなってしまう中流家庭の子どもたち若者たちが存在していることなども踏まえていそうですね、というのはえこぴィいの想像ですが、たとえば親子で同じものを楽しむ経験を積んでこなかったかもしれない人々のことなど…。少々憂えるエイドリアンが垣間見えた気がしました。

それからレーベルからのニュースより(ってか、レーベルとLoud Noise が共同で発表したプレス向けの記事かしらん)、エイドリアンの談話を紹介しておきますね。

率直に言うと、僕らのファーストアルバムがこれほどすばらしくよい反響を世界中から受けるなんて期待してなかったんだ。それが僕らのライブにやってきたオーディエンスからの反応と合わさって、僕らを力強く後押ししてくれたんだ、だから、もっともっとたくさんのロケット燃料をセカンド・アルバムに注ぎ込むことになったよ。僕らのできたてほやほやの新曲を演奏しながらステージを荒らしまくりステージからステージへと渡り歩く日々が待ち遠しいな。 -- エイドリアン・ヴァンデンバーグ

以上でーす♪ では〜〜〜
関連記事

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
最新記事
プロフィール

Echopii

Author:Echopii
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード