FC2ブログ

MK II:ボーナストラックは何処へ

ヴァンデンバーグズ・ムーンキングスの2枚目のアルバム、MK II の日本盤には当初ボーナストラックが収録されるというアナウンスがあったのに、実際にはなかった、という事実を記憶しているファンは多いと思う。

で、FBのどこかでファンの質問にエイドリアンが答えていた限りでは、目にしたファンもいると思うが、OneRepublic の Love Runs Out をボーナストラックにする予定で録音したとのことだった。しかし、蓋を開けてみたら、Mascot社盤に LRO も収録され、ボーナストラックの予定が宙に浮いてしまっていた。理由または原因はとくに発表されていないし、想像もつかない。どこかで意思の疎通がうまくいっていなかったんだろうと思うのみである。。。

で、これが意味することってなんだろう。。。ビクターエンターテインメント社にとって、これはある種の損失につながっていると思う。はっきり言ってもしボーナストラックがあったなら、がちがちのコレクターではない海外のファンも日本盤のCDを買ってくれる可能性が高かったはずなのだ。ボートラがないと話題性も若干弱くなる。なので、これはビクターにとってそれなりにイタい・イタかったのではないかと思われる。ビクターにとって当初見込んでいた儲けのいくらかが吹っ飛んだのだから。

これは、ムーンキングスの来日を心待ちにしているファン、えこぴィいももちろんその一人だが、にとっても若干よろしくないことかもしれない。エイドリアン・クラスがリーダーの海外バンドの招聘は(プロの)プロモーターが行うのが普通だし、エイドリアンもプロモーターの実績や手腕にはそれ相応のものを求めている模様である。前2回のムーンキングスの来日公演はクリエイティブマンプロダクションが取り仕切っていた。初回はレーベルのビクターもアルバム MoonKings の来日記念盤を出し、グッズ販売とサイン会主催で協力していたが、取り仕切るほどの関与ではなかったようみえた。2度目の来日公演ではサイン入りのCDが売られていたが、ビクターの関与の度合いはちょっとわかりかねた。

で、2枚目のアルバムである。ボーナストラックがあって海外ファンのCD購入がちゃくちゃくとあれば、次のムーンキングス来日公演へ関与にビクターも積極的になったのでは、と想像される。現実は、がちがちの海外コレクター以外からのCD日本盤への発注は控えめなのではと思えるので、ビクターの積極的な関与への期待も少々しぼんでしまうのである。

とまあ、思うままに暗いことを書いてしまったが、一考したことを表に出したまでである。えこぴィいはきっと来てくれると信じているので、、、信じる者は救われる?というのは冗談で。。。

んで、別途、ブログに書くとエイドリアンに宣言していながらまだ書けていない投稿が2つあるので、いずれまた。他にもミュージックビデオやストリーミング配信の最近の真実やらについても書きたいと思いつつ後回し後回し、、、でごめんなさい。

ということです。では〜〜〜


実質追記:クリマンのこんな対談記事がありました!


関連記事

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
最新記事
プロフィール

Echopii

Author:Echopii
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード